製品の形状や使用目的に応じて選択肢が広がる小型カメラ

ヴィンテージカメラ

設置場所によって異なる小型カメラのタイプ

防犯カメラ

小型カメラを使う目的は人によって違いますが、通常のカメラと違って小型カメラは基本的に隠して使うものです。したがって防犯カメラのように、設置してあるだけで犯罪を未然に防ぐ抑止力となるという性質のものではありません。
その代表的な使い方には自宅や職場に仕掛けることが挙げられます。そしてそれぞれ仕掛ける場所によって適した小型カメラのタイプは異なります。
ではそれぞれに適した小型カメラを見ていきましょう。まず自宅の場合ですが、こちらはDVや空き巣の撮影、介護や育児の様子を見守るなどの使い方が一般的です。ハンガー型や掛け時計型、電球型、火災報知器型など室内にあっても違和感のないタイプを選ぶと良いでしょう。電球型や火災報知器型は天井に設置する手間が必要ですが、お部屋全体を広範囲で撮影できる利点があります。
職場の場合はボールペン型や腕時計型、ライター型などが向いているかと思います。セクハラやパワハラなど、職場で悩みを抱えている方は、その解決に向けて小型カメラを賢く利用しましょう。
他にも外出時の携帯に便利なキーホルダー型やメガネ型、愛車への設置に向いたキーレス型など色々なタイプがありますので、小型カメラ専門店で購入くださいね。