製品の形状や使用目的に応じて選択肢が広がる小型カメラ

ヴィンテージカメラ

小型カメラに搭載された機能の違い

シャッター

小型カメラには様々な機能が付いたものがあります。動いているものに反応して撮影のできる動体検知機能、遠隔操作のできるWi-Fi機能、暗がりでも撮影のできる赤外線機能や暗視補正機能などがそれに当たります。
さて、ここで気になるのは赤外線機能と暗視補正機能の違いです。どちらも暗がりで撮影できるのは同じですが、何が違うのでしょうか。簡単に説明しますと、暗視補正機能はわずかなりとも光源が必要なので、真っ暗な場所では撮影ができません。街灯のある場所や夕刻などでの撮影が可能となります。
一方で赤外線機能は、光源は必要なく真っ暗でも撮影ができます。従って防犯のため、屋外に設置するなら赤外線機能付きの小型カメラを選ぶ方が良さそうです。なお、赤外線機能を使って撮影した映像はカラーではなく白黒になります。
さらに小型カメラの違いはその性能だけではありません。形も通常のものだけでなく、時計型やクリップ型、電球型、スピーカー型などとあり、これらは総称してカモフラージュカメラとも呼ばれています。もちろん時計は時計として、クリップはクリップとしても使えます。他にも小型カメラ専門店によっては、変わり種のオリジナル商品を取り扱っているお店もあります。というわけで小型カメラ、カモフラージュカメラは小型カメラ専門店で購入しましょう。

動画や音声を記録できる小型カメラ

小型カメラに皆さんはどんなイメージをお持ちでしょうか。ただ小さいだけのカメラ?隠し撮りをする違法なカメラ?いえいえ、小型カメラは決して違法なものではありません。小型カメラ専門店で購入もできますし、使い方さえ間違えなければ自分を守ることのできる有用なアイテムなんです。
一般的な使われ方としては防犯カメラ、監視カメラとして犯罪の証拠を撮影するために設置する方が多いようです。また室内に設置して家庭内の安全を見守るといった使われ方もよくされています。例えば幼いお子様やご高齢者の様子を、離れたところからでも見守ることができれば安心ですよね。Wi-Fi機能付きでスマホから遠隔操作のできる小型カメラなら外出先から自宅の様子を確認することも可能なので、お子様やご高齢者の安全にも一役買います。
また動画撮影だけでなく音声を録音することもできますので、重要な会議や商談、授業などの様子を後でもう一度確認したい時にも便利です。ただし他者に了承を得ず撮影、録音するのは好ましいものではありません。余計なトラブルを招く恐れもありますので、会議や授業など公の場で使う場合は、了承を得てから小型カメラを使うようにしたいものです。

小型カメラがあれば犯罪の決定的な証拠が残せます

小型カメラはスパイカメラやカモフラージュカメラとも呼ばれるように、目立たず撮影できることが最大の特徴でありメリットでもあります。よく似たものに防犯カメラがありますが、こちらは小型カメラよりサイズが大きく、設置していることを主張することで犯罪の抑止力になります。その一方で小型カメラは犯罪の抑止ではなく、犯罪の証拠を押さえる目的で使われるものだと言えるでしょう。
例えば家庭内暴力や虐待の証拠を押さえるためには、カメラが設置してあることを相手に悟られてはいけませんよね。セクハラやパワハラ、いじめなどにも同じことが言えます。そんな時に小型カメラなら気付かれずに撮影ができるというわけです。小型カメラがあれば犯罪や道徳に反する行為の決定的な証拠を残せますので、現在、何かしらの被害に遭われている方は、小型カメラ専門店で購入をご検討ください。
また小型カメラには、持ち運びができるという特徴もあります。しかも腕時計型やクリップ型など、直接身に着けられるタイプもあるので、屋外で両手を使える状態で撮影することも可能なんです。ですからちょっと変わった使い方としては、アウトドアやレジャーの様子を撮影する方などもいるようです。


犯罪の決定的証拠を残すなら小型カメラの使用をおすすめします。
小型カメラ専門店の【スパイオンラインショップ】なら使用用途に応じた小型カメラを見つけることができますよ!